当Blogのご案内

はじめまして、ようこそ。

はじめまして。kemomoと申します。
このBlogは、上橋菜穂子先生の長編小説『獣の奏者』へのリスペクトから生まれた二次創作小説を公開するために開設したサイト『エリンの木の下で』のブログコンテンツ部分にあたります。
2010年8月頃、小説の公開にあたり、そのいきさつを書き記してみようと思いたち、プログを始めたのですが、当時はその一作だけで終わるつもりだったものの何故か書きたい気持ちが消えず、時々新作を追加しているため、このブログはその更新情報と上橋先生の話題を中心として、続けております。
見つけてもらえて、嬉しいです。

詳しいご紹介や二次創作小説は、→のロゴからアクセスした先の本館にてお読みいただけますが、『獣の奏者』をご存知でないかたには、まったくお楽しみいただけるものはないと思われます。とりあえずお引き取りいただき、原作をお読みいただいてからまたお越しください。お待ち申しあげております。

なお、原作者である上橋菜穂子先生はじめ、版元である講談社さまほか、すべての関係者各 位と当サイトおよび私kemomoは無関係です。
当サイト内の全ての文章・画像の無断転載および、Top以外の特定ページのURLを他所に貼られ ることはご遠慮ください。

【重要】SS閲覧用IDとパスワードのリクエストについて

『獣の奏者』二次創作小説の閲覧には、諸事情にてアクセス制限を課しております。 IDとパスワードがどうしても見つからない場合は、ここ(BLOG)の右→フォームメールにてお問い合わせください、ということになっているのですが、メールサーバがスパム認定してしまうことが年に数回あり、ちょっと改善のしようがない状況です。 大変恐縮ですが、もしリクエストして数日経ってもこちらからの返信がない場合、このポストのコメント欄にその旨お知らせいただけると有り難いです。「パスワードまだ? by○○(リクエストしたときのハンドルネーム)」と一行書き残してくださいませ。リクエスト時に正しいメアドを書いていただいてあれば、またメアドを書いていただく必要はありません。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

2013年10月16日

文庫ゲト!

買いました。
一緒に買うつもりだった『物語ること、生きること』の方は、荻窪の八重洲と啓文堂にはなし。啓文堂を離れてすぐにiPhoneで尼に注文を入れました。

そして帰りのバスの中でまず中江有里さんの解説を読み、帰宅してミルクティーを傍らに置いて冒頭の新作掌編『綿毛』を読んだところです。(巻末じゃなくて冒頭に持って来たのですね。予想外でした。)

色々と書きたいことはあるのですが今日は諸事情で書けそうにないので、とりあえずご報告まで。


2013.10.18 追記しました。


ネタバレ含むので注意
posted by kemomo at 18:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2011年05月11日

「外伝」は、○の物語だった

さて、アニメの考察を終えて、保留していたSSを開いてみると、なんだかリハビリみたいに原典に該りたくなってしまって全然捗らないのですが、ふと外伝の3作の共通点に気がついた。



Read more...
posted by kemomo at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2011年01月29日

ユトスの香り

発売直後でもないのにまた『刹那』ネタとはっ……?
じつは、こんな記事を見つけてニヨニヨしちゃったからなんです。

男を誘惑するのに大切なものは「匂い」(via RocketNews24)

いやあ、これを読むとですね。『刹那』に仕掛けられたユトスという小道具がいかに破壊力抜群のものだったかがわかります。
エリンさんと再会した夜にイアルさんがエロエロな気持ちになってなかなか寝付けなかったというのも納得ですよ。


萌えてしまったので、また『刹那』読んできます。
posted by kemomo at 07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年11月10日

『獣の奏者 外伝 刹那』撮影してみました

なかなかいい場所がなくて(というか人が気になって)、なんか単なる物撮になってしまいました。
ただ、葡萄大福のサイズがサイズなので、これ以上の引きの写真は無理かもなぁ...と。
あっというまに日が暮れて、セッティングした公園のテーブルの上はすっかり陰ってしまっていたのですが、RAW現像でホワイトバランスいじれるからいいか、と、撮影強行しておきました。
応募は2カットなので、とりあえず1カット目。そんな写真をご覧になりたい方、どうぞ。
posted by kemomo at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年10月28日

イアルさんの会話術

『エリンの木の下で』を書いていた当時、K教官のご指導を仰いでいたことは前にも書きましたけど、特にK教官の分析が秀逸だったのが、イアルさんの論法についての解説でした。
K教官は、私の書いたイアルさんとエリンさんの会話のシーンがどうにもまどろっこしかったと直感的に思われたそうで、どうすればイアルさんらしい語り口になるのかを、凡例をあげて解説してくださいました。Read more...
posted by kemomo at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年10月07日

キンモクセイ匂う10月...

うちの周囲はわりと中の上っぽい住宅街で、戸建て庭つきの家が多いのですが、長すぎる夏の風物詩だった百日紅のあとの今頃は、多くの家からいい匂いが漂ってきます。キンモクセイです。
実家にもずっと植えてあったので、嗅ぐたびに郷愁にかられます。それと同時に、青空にはためく万国旗が目の奥に浮かびます。
そう、小学校の運動会の時期も今頃だったから。

このキンモクセイの匂いと、シジュウカラの夏のあいだとは違うひときわ澄んださえずりが、10月を知らせてくれます。
今年巣立ったばかりの若鳥なのか、ちょっと拙いさえずりのものがいるのもこの時期ならでは。やがて上達すると、成鳥と区別がつかなくなってしまいます。

私にはもうひとつ、強烈に季節を実感する匂いがあります。三月生まれの自分にとって、ジンチョウゲの花の匂いは、歳をとる月の匂い...w。

それにつけても気になるのは、ユトスの匂い。「刹那」のなかで、イアルさんの理性をぶっ飛ばすw重要な小道具です。
Read more...
posted by kemomo at 00:40 | Comment(304) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年09月25日

『刹那』発売から三週間経って

『刹那』が出て、みんなが知りたかった空白の時期が明らかになって、二次書きさん界隈ではいろいろと変化が起きています。
原作重視派の多くのかたが、整合性のとれなくなった自身の作品を取り下げられたり、なんとか手直しをしようと試みられていたり。
また取り下げる一方で、あらたなニッチを見つけて新作を書かれたり。
Read more...
posted by kemomo at 23:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年09月23日

たまにはエリンさんについて語ってみる

私は確かにイアルスキーですけど、エリンさんをとことん愛しまくるイアルさんが好きなので、エリンさんももちろん大好きですよ。
以下、ネタバレ危険につき未読者立ち入り禁止
posted by kemomo at 12:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年09月12日

龕灯祭りのこと

『龕灯』という、耳慣れない単語を初めて作中で見つけたのは、完結編でした。
7章2節「獣の牙」で、カザルムのエリンたちの住まいの警備をしていた兵士が、ジェシをつれて王獣舎に行ってくるというエリンに渡してくれるものです(P.94-95)。
後にも先にも龕灯が出てくるのはここだけだと思いますが、以前にも書いた通り、『エリンの木の下で』を書いている当時、この世界の文明水準、とりわけ「明かり」のことを色々と考証していて、「あ、こういう明かりはアリなんだ」と思った記憶があります。
実は、実家に帰省したときに、池波フリークのツレの父母にまで、近世〜戦前の日本の庶民の暮らしで使える明かりにどんなものがあったか、聞いたりしてました。
うちではついぞ見ないような、父母の好きな時代劇のドラマなどを一緒に鑑賞していたとき、偶然、ツレの母の口から『龕灯』という単語が出てきて、驚いたものでした。

そして、その龕灯が、『刹那』では、二人が結ばれることになる祭りの夜の、重要なアイテムとして出てきます。Read more...
posted by kemomo at 10:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年09月10日

ようやく気持ちが一段落

先週の今頃は、まだ、「もう誰か手に入れた人いるのかなー、自分は何時間後に読んでいるのかなー」などと考えていたのですよねぇ。
思い起こすと、5月に外伝が出ると知ってからの妄想に妄想を重ねつつSSを書いていた日々を過ぎ、実際に外伝を手に入れ、たった一週間で何と遠くまで来てしまったのだろうと...(苦笑)。Read more...
posted by kemomo at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年09月08日

イアルさんたら

もう、そろそろいいですか?イアルスキー全開モードになっても。
だめと言われても、ムリなので...
posted by kemomo at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年09月07日

獣の奏者 外伝『刹那』を読んで

ガキの頃は教師の受けをめっさめさ狙ったあざとい読書感想文を書いていたものでした。
でも今そういうものを書く気もないし、書評家でもないし。
ここをご覧になるかたは多かれ少なかれイアルスキーで、多分同じ箇所にツボって萌えているということもわかっているので、私があえて書くほどのことがあるかな、と三日あまり悩み...。

でもとりあえず書く。
Read more...
posted by kemomo at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年09月05日

『刹那』読了記念答え合わせ!!

もう既に詳細ネタばれサイトも出始めているので、感想を書こうかと思いましたが、先に、
「気になってしょうがない」シリーズの答え合わせをいたします。以下、ネタバレ危険につき未読者立ち入り禁止
posted by kemomo at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年09月04日

そういえば、ゲトした二冊はね

八重洲ブックセンター荻窪店のほうが、9月3日発行の一刷
教文館書店のほうが、同日付の二刷でした。

これは、予約受注だけで初版の刷り部数を超えたのですぐに増刷したということなんでしょう。
版は一緒なので。
とりあえず二刷を自炊に使うことにします。昨夜は泣いて体力使ってしまったから、作業できんかったw
posted by kemomo at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年09月02日

沁みこむ、滲みこむ.....

 

チラ見せの冒頭からいきなり、心をわしづかみにされてしまってはや半月、いよいよ明日は前夜祭です。

 


イアルさんが、エリンさんが難産で苦しんでいる産室の隣の部屋で、自分たちの「恋」の始まりのことを思い返しているのですが...。以下、発売前ネタバレ厳重注意
posted by kemomo at 18:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年08月30日

気になってしょうがない【5】イアルさんの手記

探求編の冒頭にある「イアルの手記」のこと。Read more...
posted by kemomo at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年08月27日

気になってしょうがない【1】イアルさんの妹とオウリ (修正あり)

Amazonのチラ見せを読んで、もうムラムラしてしかたないので書いてしまいます。以下、発売前ネタバレ厳重注意
posted by kemomo at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年08月23日

気になってしょうがない【4】イアルさんの心情

たった10ページのチラ見せだけで日本中の獣フリーク、ことにイアルスキーを生殺しに陥れている、破壊力抜群の『刹那』ですが。以下、発売前ネタバレ厳重注意
posted by kemomo at 12:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連

2010年08月20日

気になってしょうがない【3】再会

エリンさんがイアルさんの家を訪ねて、そこから恋が始まるわけですが...(潜在的には、降臨の野よりも前に、とっくに始まっていたと、私は思っているのですが)
以下、発売前ネタバレ厳重注意
posted by kemomo at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連