当Blogのご案内

はじめまして、ようこそ。

はじめまして。kemomoと申します。
このBlogは、上橋菜穂子先生の長編小説『獣の奏者』へのリスペクトから生まれた二次創作小説を公開するために開設したサイト『エリンの木の下で』のブログコンテンツ部分にあたります。
2010年8月頃、小説の公開にあたり、そのいきさつを書き記してみようと思いたち、プログを始めたのですが、当時はその一作だけで終わるつもりだったものの何故か書きたい気持ちが消えず、時々新作を追加しているため、このブログはその更新情報と上橋先生の話題を中心として、続けております。
見つけてもらえて、嬉しいです。

詳しいご紹介や二次創作小説は、→のロゴからアクセスした先の本館にてお読みいただけますが、『獣の奏者』をご存知でないかたには、まったくお楽しみいただけるものはないと思われます。とりあえずお引き取りいただき、原作をお読みいただいてからまたお越しください。お待ち申しあげております。

なお、原作者である上橋菜穂子先生はじめ、版元である講談社さまほか、すべての関係者各 位と当サイトおよび私kemomoは無関係です。
当サイト内の全ての文章・画像の無断転載および、Top以外の特定ページのURLを他所に貼られ ることはご遠慮ください。

【重要】SS閲覧用IDとパスワードのリクエストについて

『獣の奏者』二次創作小説の閲覧には、諸事情にてアクセス制限を課しております。 IDとパスワードがどうしても見つからない場合は、ここ(BLOG)の右→フォームメールにてお問い合わせください、ということになっているのですが、メールサーバがスパム認定してしまうことが年に数回あり、ちょっと改善のしようがない状況です。 大変恐縮ですが、もしリクエストして数日経ってもこちらからの返信がない場合、このポストのコメント欄にその旨お知らせいただけると有り難いです。「パスワードまだ? by○○(リクエストしたときのハンドルネーム)」と一行書き残してくださいませ。リクエスト時に正しいメアドを書いていただいてあれば、またメアドを書いていただく必要はありません。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

2014年10月11日

【ブックマーク】『鹿の王』刊行記念 特別対談 上橋菜穂子×夏川草介

ダ・ヴィンチのサイトで、『神様のカルテ』の著者である夏川氏と対談をなさってます。
どういうご縁なのかと思いきや、上記作品の文庫本1巻の巻末に、上橋先生が解説を書かれていたようです。
こちらから。
posted by kemomo at 06:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク

2014年06月14日

【ブックマーク】ハフィントン・ポスト インタビュー

標記の通り、インタビュー記事です。アンデルセン賞受賞の顛末も面白かったですし、新作についてより深く言及されているので、是非目を通してみてください。
リンクはこちら
タグ:上橋菜穂子
posted by kemomo at 05:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク

2013年12月12日

【ブックマーク】『しゃばけ』作者 畠中恵さんとの対談

新潮社さんのサイトに、『波』2010年8月号に掲載された対談が上がってます。

[「守り人」「しゃばけ」2大シリーズ刊行記念対談]
世界を訪れ、物語を追いかける


こちらから。
posted by kemomo at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク

2013年11月12日

【ブックマーク】NHK・週刊ブックレビューでの上橋先生

ちょっと懐かしい動画を。
講演会関連の情報をググっていて、たまたま見つけました。
「職業外伝」NHK週刊ブックレビュー
児玉清さんがお元気だった2006年、上橋先生がゲストで出られてお勧めの一冊を紹介している模様です。
時期からして、探求編・完結編の発売のタイミングだったと思います(それに触れた部分はカットされているようですが)。
そしてやはり、今回『獣の奏者 外伝・刹那』の文庫に解説を寄せてくださった中江有里さんも出ておられます。
先生がそこで取り上げられたのが『職業外伝』。
NHKの公式映像ではないため、本来うちのブログではリンクを貼ったりしないのですけど、これはこの本の著者ご本人が上げられたものですので、ブックマークすることにしました。

この本を選ばれていたなんて、上橋先生らしいなーと思います。
『獣の奏者』王獣編での、休暇の日に隠れ家で指物に没頭するイアルさん、それに、探求編での、不在のエリンさんを思い浮かべながら仕事をしているイアルさん、どちらも、描写はそう多くないのにものすごくリアリティーを感じるのは、そのせいなんでしょうね。
もうひとつ、外せないのは藤沢周平だと思います。藤沢さんの『江戸もの』の短編には、江戸の町人の色々な職業が出てくるのです。先生も最初にイアルさんの生業を考えたとき、藤沢作品に登場した誰かを思い浮かべていたのかもしれません。
タグ:上橋菜穂子
posted by kemomo at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク

2013年09月04日

【ブックマーク】2010年のキャシー平野さんとの対談

久々にブックマーク。
『獣の奏者エリン』の本放送が終わってまもなくの2010年4月に、上野の国際子ども図書館で開催された展示会
「日本発☆子どもの本、海を渡る」の関連イベント、私が初めて行った先生の講演会でした。

翻訳は三人四脚『精霊の守り人』の作者と訳者、大いに語る

このページに、講演要旨のPDFへのリンクがあります。『守り人のすべて』に掲載されているものに近いかもしれません。今ちょっと、本が手近にないので比較できないのですけれども。
この時、周りには熱心にメモを取っている方がたくさんいました。コアは30代女性って感じだったかな。Blogに上手に纏めておられるかたも何人かおられます。このかたなどは、上記のPDFに載ってないことも細かく書いてくださっているので、併せて読まれることをお薦めします。
posted by kemomo at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク

2012年07月02日

【ブックマーク】『エリン こぼれ話――原作者のアニメ監修日誌――』

前回のポストに絡み、ツレと原作つきアニメ論を戦わせたとき、ツレが「そう言えば、上橋さんはアニメのことについて何か言ってるの?」と聞いてきたものですから(※ツレは原作は探求編までは読んでおり、アニメも私につきあわされて一応全部見ています。私ほどはまってないのでディテールはかなり忘れているだろうけど)、NHKのサイトをその場でiPadではぱっとあたって...おや、と気づきました。まだ残っているエリンの公式サイトでは、NHKアニメワールド・Blogにあった上橋先生の監修日記の存在に触れられておらず、リンクも張っていないのですね。
てっきり消滅してしまったのかと思ったけど、ここの右の検索フィールドから、「エリン こぼれ話」で検索すれば見つかります。
うちにはその内容が丸ごと載ってる書籍もあるのでいいのですが(版元在庫切れで、尼でもプレミア価格になっています)、もし今後このコンテンツが消されてしまうと勿体ないので、知らない方のために全記事のリンクを貼っときますね。
おのおのがた、必要に応じて保守してください。保守のしかたは閲覧環境に依ってそれぞれだと思いますので触れませんけれども。


Read more...
posted by kemomo at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブックマーク

2012年05月30日

【ブックマーク】日本経済新聞 物語の力 上橋菜穂子さんに聞く

もう二か月ほど前の記事ですが、無料の会員登録だけで読めるものです。今でも見られるようですので、未読の方はどうぞ。
こちらです。
posted by kemomo at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク

2012年05月22日

【ブックマーク】Amazon.co.jp それでも人は夢を見る

久々にブックマークです。昨年の2月くらいに集中的にやってたのですが、その後なかなか増えなくてね...w
しかし、これはまた後々見たくなると思うので保存しておこうかと。

Read more...
posted by kemomo at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク

2011年02月25日

【ブックマーク】楽天ブックス 著者インタビュー

守り人シリーズ完結のころに行われたインタビュー。1ページだけだけどデザインはなかなか美しいです。2007.5.24。

2004年から収められているバックナンバーには多彩な顔ぶれがあるので、本の虫さんはチェックしてみるとおもしろいかも。
今は月2だけど、以前は毎週更新だったようです。

こちら
タグ:上橋菜穂子
posted by kemomo at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク

2011年02月23日

【ブックマーク】文芸春秋 本の話より 私はこう読んだ

上橋先生が好きな作家として必ず挙げられる日本人作家が藤沢周平さんですね。
私もいつか読んでみたいですが、今のところまだ『獣の奏者』漬けになっているので、かなり先のことになりそう。
サトクリフも、1冊買ったけどまだ読みはじめていません...

書評ページのバックナンバーのようです。
とり上げられた本は、「藤沢周平 未刊行初期短篇」。
この本と先生が出会われたのはいつなんだろう。2006年11月に発行されたようです。
この本の中ある、木地師が主人公の作品に上橋先生が触れられていて、なんとなくイアルさんにだぶるのかな、という気がしました。
そもそも藤沢さんの作品にはもともと職人さんが数多く登場するのであれば、先生がイアルさんの生業として指物師を選んだのもそのいずれかの影響があるのかなと思います。
うーん、そう考えると読んでみたくなってしまいますが...

こちらからどうぞ。短めです。
タグ:上橋菜穂子
posted by kemomo at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク

2011年02月21日

【ブックマーク】朝日新聞 オーサー・ビジット

朝日新聞の「どくしょ応援団」というサイトにある、作家が学校を訪問して出前授業を行うという企画です。
もとは新聞掲載用の企画なのか、一校一校のレポートが短すぎるのが難点。
文字数制限のないWebなんだからカットした部分も補ってほしかったような。
先生はもう8校も訪ねておいでなんですね。対象校の子どもたちが羨ましい...

こちらからどうぞ。
タグ:上橋菜穂子
posted by kemomo at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク

2011年02月19日

【ブックマーク】PEOPLE 編集長! お時間です。ゲスト出演回のポッドキャスト

今をときめく池上彰さんwのラジオ番組のアーカイブがポッドキャストになっているのですね。
2010.10.18オンエア分です。

こちらからどうぞ。MP3データとしてダウンロードも可能です(27.7MB)。
タグ:上橋菜穂子
posted by kemomo at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク

2011年02月17日

【ブックマーク】e-hon 新刊ニュース 2010年6月号(Web抜粋版)

取次大手のトーハンさんの情報誌「新刊ニュース」のWebサイト。
ちょうどこの号は『刹那』の情報が解禁になったころのものです。

こちらからどうぞ。
タグ:上橋菜穂子
posted by kemomo at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク

【ブックマーク】KAO KIDS 2G インタビュー

花王さんの、社会貢献活動の一環としてのWEBコンテンツ 「KAO KIDS 2G」
これからの子どもたちに必要な、新しい発見や体験へのきっかけになるコンテンツ
だそうです。

インタビュー時期は、『刹那』の刊行直前だったようです。
惜しむらくは、このサイト、FLASHコンテンツなので、iPadのSafariでは見られないんですよね。
一連のコンテンツの中にゲームのようなものがあるせいだと思うのですが、このインタビュー部分に関してはFLASHの必要性は皆無のはずなので、できればHTML版も用意していただけたらと思いますが...

2.20追記: FLASHのせいでiPadでは見られないのだと思っていましたが、なんと、Safariのバグっぽい...orz
iCab Mobile というブラウザでなら、ちゃんと表示されます。
230円と有料のアプリではありますが、iOSではAppleが採用していないタブブラウジングも出来るブラウザです。
便利な機能も満載ですので、是非お試しください。

こちらからどうぞ。
タグ:上橋菜穂子
posted by kemomo at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク

2011年02月15日

【ブックマーク】WEB本の雑誌 作家の読書道 第95回

言わずと知れた「本の雑誌」のWebサイトにあるインタビュー。すごいボリュームです。
当然ながら披露されている先生の読書歴には、他のインタビューでは聞いたことのないような作品まで含まれているので、必見。
佐藤史生さんにも触れられてました。
2009.9.30付記事。

こちらからどうぞ。
タグ:上橋菜穂子
posted by kemomo at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | ブックマーク

2011年02月13日

【ブックマーク】有鄰 第503号

大手書店の有隣堂さんの情報誌(タブロイド)。現在は隔月刊。
H21.10.10付の503号に、『獣の奏者』探求編・完結編発売直後の先生を囲んだ3名での座談会が掲載されています。
有料で配布しているもののようですが、バックナンバーをWebで公開してくださっているのは嬉しいですね。

同席しておられる女優の片桐はいりさんは先生の講演会でもたびたび名前のあがる親友で、以前、CXの「ウチくる!?」のはいりさんの回には、先生の方が知人代表的なポジションで出演されてました。
毎回見ているわけでもないこの番組をほんっとにたまたま見てたところに急に出てこられたので、思いがけない幸運に感謝したのを憶えてます。

こちらからどうぞ。
タグ:上橋菜穂子
posted by kemomo at 04:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク

上橋菜穂子先生関連ブックマーク

主に自分自身用のメモとしてなのですが、今後、先生のインタビューなど、Web上で該れる情報を見つけた時に随時掲載します。
【ブックマーク】で始まるタイトルが目印。
タグ:上橋菜穂子
posted by kemomo at 04:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク