当Blogのご案内

はじめまして、ようこそ。

はじめまして。kemomoと申します。
このBlogは、上橋菜穂子先生の長編小説『獣の奏者』へのリスペクトから生まれた二次創作小説を公開するために開設したサイト『エリンの木の下で』のブログコンテンツ部分にあたります。
2010年8月頃、小説の公開にあたり、そのいきさつを書き記してみようと思いたち、プログを始めたのですが、当時はその一作だけで終わるつもりだったものの何故か書きたい気持ちが消えず、時々新作を追加しているため、このブログはその更新情報と上橋先生の話題を中心として、続けております。
見つけてもらえて、嬉しいです。

詳しいご紹介や二次創作小説は、→のロゴからアクセスした先の本館にてお読みいただけますが、『獣の奏者』をご存知でないかたには、まったくお楽しみいただけるものはないと思われます。とりあえずお引き取りいただき、原作をお読みいただいてからまたお越しください。お待ち申しあげております。

なお、原作者である上橋菜穂子先生はじめ、版元である講談社さまほか、すべての関係者各 位と当サイトおよび私kemomoは無関係です。
当サイト内の全ての文章・画像の無断転載および、Top以外の特定ページのURLを他所に貼られ ることはご遠慮ください。

【重要】SS閲覧用IDとパスワードのリクエストについて

『獣の奏者』二次創作小説の閲覧には、諸事情にてアクセス制限を課しております。 IDとパスワードがどうしても見つからない場合は、ここ(BLOG)の右→フォームメールにてお問い合わせください、ということになっているのですが、メールサーバがスパム認定してしまうことが年に数回あり、ちょっと改善のしようがない状況です。 大変恐縮ですが、もしリクエストして数日経ってもこちらからの返信がない場合、このポストのコメント欄にその旨お知らせいただけると有り難いです。「パスワードまだ? by○○(リクエストしたときのハンドルネーム)」と一行書き残してくださいませ。リクエスト時に正しいメアドを書いていただいてあれば、またメアドを書いていただく必要はありません。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

2012年05月22日

【ブックマーク】Amazon.co.jp それでも人は夢を見る

久々にブックマークです。昨年の2月くらいに集中的にやってたのですが、その後なかなか増えなくてね...w
しかし、これはまた後々見たくなると思うので保存しておこうかと。

『獣の奏者 探求編・完結編』が発売した少し後に、分子生物学者の福岡伸一さんとのトークショーがあったのですよね。その内容は当時の週刊文春にも転載? されたりしていたので、ご記憶の方もおられるかもしれません。

その内容のダイジェスト的なものが、今でもAmazonのサイト上で読めるのを発見しました。こちらです。
私も以前どこかで読んでいたはずなのですが、改めて読み返すと色々、考えさせられるものがありました。
探求編と完結編の間でとても苦しまれたというお話。それから、転載は憚られるので是非読んでみていただきたいのですが、
それでも人は夢見る の直下のあたりです。
何故考えさせられたかというと、とある方のBlogに出会ったからなんですね。こちらも是非、読んでみていただきたい。
ちなみに、作品批判と感じているのではありません。ああ、こういう考え方もあるんだな、と純粋に思ったのです。
このBlog記事を読んで、それからAmazonの方を読み返したもので、なるほど、上橋さんご自身が自覚的な部分もあるわけだ、と感じたりもしました
このBlogで論じられているいくつかのポイントについては、私が常々考えていた事とも符合するので、もうしばらくして考えがまとまったら書いてみたいと思います。そういうまじめな考察も、アニメ再考ページみたいにちゃんと文量を割いて作りたいのですが、なかなか進みません。SSの新作も進みません。困ったものです。
posted by kemomo at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56019439
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック