当Blogのご案内

はじめまして、ようこそ。

はじめまして。kemomoと申します。
このBlogは、上橋菜穂子先生の長編小説『獣の奏者』へのリスペクトから生まれた二次創作小説を公開するために開設したサイト『エリンの木の下で』のブログコンテンツ部分にあたります。
2010年8月頃、小説の公開にあたり、そのいきさつを書き記してみようと思いたち、プログを始めたのですが、当時はその一作だけで終わるつもりだったものの何故か書きたい気持ちが消えず、時々新作を追加しているため、このブログはその更新情報と上橋先生の話題を中心として、続けております。
見つけてもらえて、嬉しいです。

詳しいご紹介や二次創作小説は、→のロゴからアクセスした先の本館にてお読みいただけますが、『獣の奏者』をご存知でないかたには、まったくお楽しみいただけるものはないと思われます。とりあえずお引き取りいただき、原作をお読みいただいてからまたお越しください。お待ち申しあげております。

なお、原作者である上橋菜穂子先生はじめ、版元である講談社さまほか、すべての関係者各 位と当サイトおよび私kemomoは無関係です。
当サイト内の全ての文章・画像の無断転載および、Top以外の特定ページのURLを他所に貼られ ることはご遠慮ください。

【重要】SS閲覧用IDとパスワードのリクエストについて

『獣の奏者』二次創作小説の閲覧には、諸事情にてアクセス制限を課しております。 IDとパスワードがどうしても見つからない場合は、ここ(BLOG)の右→フォームメールにてお問い合わせください、ということになっているのですが、メールサーバがスパム認定してしまうことが年に数回あり、ちょっと改善のしようがない状況です。 大変恐縮ですが、もしリクエストして数日経ってもこちらからの返信がない場合、このポストのコメント欄にその旨お知らせいただけると有り難いです。「パスワードまだ? by○○(リクエストしたときのハンドルネーム)」と一行書き残してくださいませ。リクエスト時に正しいメアドを書いていただいてあれば、またメアドを書いていただく必要はありません。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

2011年06月19日

実山椒を手に入れてみた

上橋フリークなら、『バルサの食卓』に紹介されている料理を、ひとつやふたつ試したことがあるのではないでしょうか。



私も、サンガ牛の炙り焼きとホウロ漬け豚肉の炭火焼はよく作ります。特に後者の八丁味噌ベースのつけダレは、ある程度まとまった量を作っても冷蔵庫で日持ちがするので、豚だけでなく鶏でも作ります。私は鶏肉好きなので豚より鶏が多いかな。

さて、ノギ屋の弁当風鳥飯も作ったことがあるのですが、実はその時は生の実山椒ではなくて、手持ちの花椒粉末を使っていたのですね。でも最近、旬の実山椒を買ったので、保存食として塩漬け加工してみました。
たわわに実った実を枝からもぎ取るのがまず大変。はさみを使うほどではない微妙な小枝なので爪でちぎることになるのですが、500gを全部ちぎったら5時間くらいかかってしまった。指先は翌日いっぱいまでなんとなく痛かったし。唐辛子と違ってひりひりはしなかったので助かりましたが。
でも、ちぎっているあいだもその後もしばらく、山椒の清冽な香りがほのかに漂ってて気持ちよかったです。
そして無性に麻婆豆腐を食べたくなったw

さて、ちぎった実は洗って湯がいて乾かして、塩をまぶして、さらに出てきた水分捨てて...って感じで出来上がり。
かなりな量になりました。強めの塩にまぶして保存するので、1年持つかな...?
使う時に、適宜塩抜きするといいそうですよ。

これ、意外な効能として、夜更かししているときの眠気覚ましに使えることがわかりました。
最近夜更かしに身体がついていかなくて、目薬を差したりしょっちゅう気分転換をしていたのですが、この山椒を食べると、強めの塩分のせいもあって、一粒でも結構しゃきっとします。
これからの夏バテ対策として、うまく水分補給と組み合わせるとよいかもしれません。

そうそう、水分補給のほうはですね、シークァーサー果汁をちょっとたらしただけの氷水がまたいけるのですよ。
上橋先生もよく作品に登場させるように、柑橘系の果物っておいしいですよねぇ。クエン酸も身体にいいし!

さて、鶏肉と林檎も買ってきたので、明日はノギ屋の弁当風鳥飯をリベンジするぞ!
posted by kemomo at 04:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 小ネタ
この記事へのコメント
ご、5時間…?! ((( ;゚Д゚)))
実山椒1年分と考えれば…お疲れ様でした。
Posted by ゆうこ at 2011年06月22日 21:54
ええ、前日に夜更かししてDarkerの一気見をしながらですけどねw >5時間
早速、料理に重宝していますよ。薄ーく塩で下味をつけてフライパンで焼いた豚ロース肉に、荒く潰したこれを添えて、山椒の塩分だけで食べるのがシンプルでおいしい。
それから、大根とめかぶの浅漬けに隠し味として加えたりとか。

それになにしろ、ただつまんで食べるのがおいしくて、こりゃ1年は保たないかもという気がしてきました。
Posted by kemomo at 2011年06月23日 05:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46121547
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック