当Blogのご案内

はじめまして、ようこそ。

はじめまして。kemomoと申します。
このBlogは、上橋菜穂子先生の長編小説『獣の奏者』へのリスペクトから生まれた二次創作小説を公開するために開設したサイト『エリンの木の下で』のブログコンテンツ部分にあたります。
2010年8月頃、小説の公開にあたり、そのいきさつを書き記してみようと思いたち、プログを始めたのですが、当時はその一作だけで終わるつもりだったものの何故か書きたい気持ちが消えず、時々新作を追加しているため、このブログはその更新情報と上橋先生の話題を中心として、続けております。
見つけてもらえて、嬉しいです。

詳しいご紹介や二次創作小説は、→のロゴからアクセスした先の本館にてお読みいただけますが、『獣の奏者』をご存知でないかたには、まったくお楽しみいただけるものはないと思われます。とりあえずお引き取りいただき、原作をお読みいただいてからまたお越しください。お待ち申しあげております。

なお、原作者である上橋菜穂子先生はじめ、版元である講談社さまほか、すべての関係者各 位と当サイトおよび私kemomoは無関係です。
当サイト内の全ての文章・画像の無断転載および、Top以外の特定ページのURLを他所に貼られ ることはご遠慮ください。

【重要】SS閲覧用IDとパスワードのリクエストについて

『獣の奏者』二次創作小説の閲覧には、諸事情にてアクセス制限を課しております。 IDとパスワードがどうしても見つからない場合は、ここ(BLOG)の右→フォームメールにてお問い合わせください、ということになっているのですが、メールサーバがスパム認定してしまうことが年に数回あり、ちょっと改善のしようがない状況です。 大変恐縮ですが、もしリクエストして数日経ってもこちらからの返信がない場合、このポストのコメント欄にその旨お知らせいただけると有り難いです。「パスワードまだ? by○○(リクエストしたときのハンドルネーム)」と一行書き残してくださいませ。リクエスト時に正しいメアドを書いていただいてあれば、またメアドを書いていただく必要はありません。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

2010年09月25日

『刹那』発売から三週間経って

『刹那』が出て、みんなが知りたかった空白の時期が明らかになって、二次書きさん界隈ではいろいろと変化が起きています。
原作重視派の多くのかたが、整合性のとれなくなった自身の作品を取り下げられたり、なんとか手直しをしようと試みられていたり。
また取り下げる一方で、あらたなニッチを見つけて新作を書かれたり。
私も原作重視派ですので、自分の書いた「エリンの木の下で」については、もはや手の施しようがないほど原作との相違があることを自覚しています。
つい最近獣の奏者を『刹那』まで一気に読破したかたがあとから「エリンの木の下で」を読まれたとしたら、"捏造・改変"と思われてもしかたがないでしょう。
とはいえ、こんなことになるとはつゆ知らず、手がかりの乏しいなか必死に行間を探っていた9か月あまりを思い起こすと、まるでなかったことにするのは、あまりにも忍びないのです。
それにこうなった今でも、「書くんじゃなかった」とは思わないんですよね、不思議と。
ああでもないこうでもないと考えていた時間は、ほんとに楽しかったなーって思うし、自分の萌えのためとはいえ、結構頑張ったんじゃね??? と、いまもなお絶賛自画自賛中。
ですので、私自身のスタンスとしては、ずっと先まではわかりませんが、とりあえずこのサイトのサーバの契約期限が切れる来年7月までは、このまま公開しておきたいと思います。

そして、「エリンの木の下で」で燃え尽きたはずでしたが、新作掌編を追加しました。
しかも、『刹那』にめちゃもろに感化されて、イアルさんの「語り」形式などをとってるw。
実は、「エリンの木の下で」に行き詰まっていた7月頃にぽっと思いついてはいたのですが、本編にねじ込むには中途半端なものだったので、ずっと放置していたのです。
だからどちらかというと、"新作"というより"最後っ屁"のようなものかもしれません。

掌編なので設定というほどのものもありませんが、原作との明らかな矛盾はしていないはず...です。
よろしければご覧ください。
右の小説へのリンクからどうぞ。「エリンの木の下で」の目次の下の方に、こっそりと加えてあります。
posted by kemomo at 23:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 『外伝・刹那』関連
この記事へのコメント
留守にしていてチャットに参加できず申し訳ありませんでした。
新作素敵ですね。イアルさんが、なんというか、ロマンチストだわ。こんな場面はもちろんあったんでしょうけれど、原作通りの彼自身に語らせると「○○しながら、エリンを想った。」みたいな簡素な一言で済まされちゃって、読者が脳内補完する羽目になるんですよね♪
私の方も、既存作はとりあえずそのまま放置中です。苦しい言い訳するならば、アニメ設定の「別物」だから、、、(笑)。ちょっとずつ改定、および補完の計画はありますが、まだ練っている最中です。今は、性懲りもなくアマスル以降の話を作成中です。
Posted by リマ at 2010年09月26日 11:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40929949
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック