当Blogのご案内

はじめまして、ようこそ。

はじめまして。kemomoと申します。
このBlogは、上橋菜穂子先生の長編小説『獣の奏者』へのリスペクトから生まれた二次創作小説を公開するために開設したサイト『エリンの木の下で』のブログコンテンツ部分にあたります。
2010年8月頃、小説の公開にあたり、そのいきさつを書き記してみようと思いたち、プログを始めたのですが、当時はその一作だけで終わるつもりだったものの何故か書きたい気持ちが消えず、時々新作を追加しているため、このブログはその更新情報と上橋先生の話題を中心として、続けております。
見つけてもらえて、嬉しいです。

詳しいご紹介や二次創作小説は、→のロゴからアクセスした先の本館にてお読みいただけますが、『獣の奏者』をご存知でないかたには、まったくお楽しみいただけるものはないと思われます。とりあえずお引き取りいただき、原作をお読みいただいてからまたお越しください。お待ち申しあげております。

なお、原作者である上橋菜穂子先生はじめ、版元である講談社さまほか、すべての関係者各 位と当サイトおよび私kemomoは無関係です。
当サイト内の全ての文章・画像の無断転載および、Top以外の特定ページのURLを他所に貼られ ることはご遠慮ください。

【重要】SS閲覧用IDとパスワードのリクエストについて

『獣の奏者』二次創作小説の閲覧には、諸事情にてアクセス制限を課しております。 IDとパスワードがどうしても見つからない場合は、ここ(BLOG)の右→フォームメールにてお問い合わせください、ということになっているのですが、メールサーバがスパム認定してしまうことが年に数回あり、ちょっと改善のしようがない状況です。 大変恐縮ですが、もしリクエストして数日経ってもこちらからの返信がない場合、このポストのコメント欄にその旨お知らせいただけると有り難いです。「パスワードまだ? by○○(リクエストしたときのハンドルネーム)」と一行書き残してくださいませ。リクエスト時に正しいメアドを書いていただいてあれば、またメアドを書いていただく必要はありません。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

2010年08月16日

「エリンの木の下で」の時間設定

今回の小説を書く前に考えていたタイムテーブルと年表です。

クリックすると[かなり]でかく表示。

これがエリンとイアルの全生涯の年表。
年表
原作に極力準じながら、赤い部分の期間を自分の小説にこじつけてあります。計算は合っているはず。


そして、こっちが小説の期間の時間設定。
タイムテーブル
言わずもがなだと思いますが、エリンさんが赤バー、イアルさんが青バーです。緑バーがジェシ。

エリンさんとイアルさんが誕生日が同じわけはないのですが、イアルさんの歳が重要な場面はこの期間中にはないので、便宜上並べただけです。

ジェシが冬生まれだという情報がスレにもたらされて急遽調整したんですが、それまでは、立春ごろに受胎告知をするはずでした。

ただ、エリンさんがイアルさんの家を訪れたのは外伝で早春と確定してしまったので、見事にはずれました。
それに、ジェシの誕生は夏でしたね。蜩が出てきたよ orz...

それにつけても謎なのが、〈降臨の野〉の月です。
行幸からの時間経過を見てみると...

 1日目   ☆王宮出発・カザルム侯の屋敷に宿泊
     ↑初夏の記述
 2日目     カザルム訪問
 3日目     河下り・襲撃
 7日目     カザルム侯の屋敷で晩餐
 9日目     エリンにハルミヤからの文書が届く
?日目     ハルミヤ死去
 
     +@+10日  葬儀〜セィミヤ即位ノ儀
    ☆王宮出発からここまでだけでも20日程度
    数十日ぶりにイアルが自宅に帰宅(王宮にカン詰めになって
    いたのは王宮出発よりも前からかもしれないけど)

 *+?日       シュナン謁見
   +?日       オウリがカザルムに来る
   + 3日      ★負傷したエリンが目覚める        
   + 7日      ★エリンが起き上がれるようになる
   +20日      ★エリンとリランたちの護送
        ↑この★印のあいだだけで1か月     
   +?日       ラザル到着(かなり大きい荷車だったろうけど、
         1日で着いたのかな?)
   +?日       オウリが竪琴を試すが失敗、イアルがダミヤに
         毒を盛られる
        ↑この時点でまだ初夏の記述???
 *+?日      降臨ノ野
        ↑「夏の虫も鳥も」という記述あり。まだ夏???

そして、*印のあいだが4か月以内のはず、なんですが、行幸が初夏=5月としても、9月以降になってしまいます。
この世界の1か月は30日とは限らないし、異常に初夏が長い(どんな緯度だ)地域かもしれない。暦も何暦かわからない。
それどころか、地球とも書いてないし。
結局、最後は「私はこう考えました」で行くしかないと、教官からアドバイスが。
私は一応、〈降臨の野〉=〈建国ノ夜明け〉の祝い日 = 新年度(学舎入学) = 9月 とみなした上で、「エリンの木の下で」を書きました。

##だけど、「新年」は冬なのですよね。新年の休暇に雪が降っているのだから...
posted by kemomo at 22:55 | Comment(6) | TrackBack(0) | 二次創作小説(SS)関連
この記事へのコメント
はじめまして、
アニメ版設定で二次を描いているリマと申します。
実は、2chでもお会いしています。冬説提唱した本人です。他にもいろいろ、、、。
外伝ドキドキですね。アニメ設定だと、タハイアゼが冬なので、早春訪問はありえないから、初夏訪問にしてありますが、、、。あれこれ思惑違いがでてきそうです。まあ、それ以前に書きあげておかなければならないのですが、、、。
よかったら、遊びにいらしてくださいね。
Posted by リマ at 2010年08月17日 00:35
リマさま、スレでお会いしていたかたにご覧いただけてうれしいです。ありがとうございます。
リンクさせていただきました。今後ともどうぞよろしく。
Posted by kemomo at 2010年08月17日 05:33
今日は。
最初にこの細かな年表を拝見したときは、驚きました。
外伝チラ読みからのご考察も、さすがです。

さて、私も外伝冒頭の部分的な情報から、考えてみました。
エリンがイアルの家を訪れた→3月初旬
ジェシ誕生→7〜9月(蜩の鳴く期間)
王都にエリンが住んだ期間→一年間

これに、
初めての夜の翌日から同居
カザルムへの引っ越しは安定期(5ヶ月目位)

という仮定を入れると、一番しっくりくるのが、以下の時期かなと。

初めての夜→5月下旬か6月上旬くらい?
ジェシの誕生は今頃?(9月4日か?)

再会〜初めての夜まで2.5〜3ヶ月と、獣様のタイムテーブル通りとなり、お見事でした。
以外と進展早かったんだなあ、という印象です。
Posted by 薫 at 2010年08月28日 11:33
薫さま、こんにちは。

> 意外と進展が早かった

だって、なんの娯楽もない時代ですもん。
男やもめの家に足しげく通って、進展せずにいられるものでしょうかw
エリンさんは職能だから婚期遅れてるけど、(あの世界の)世間的には、二十歳過ぎで三十路近い男の家に出入りすること自体どういう意味を持つか、お互いに「わかってる」はずだよなあと思って。

とにかく、来週の今頃には無事ゲトしていたいものです。
またぜひお越しくださいね。
Posted by kemomo at 2010年08月28日 12:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40197976
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック